返済催促に追い込まれている人は債務整理

借金の返済が一時的に滞ってしまった人は、郵便や自宅への電話、携帯電話への頻繁な返済催促の要求に、大きなストレスのかかる毎日を送らざるを得ない日々が続いている事でしょう。
返済催促の要求がきつい会社であれば、勤務先への電話をかけてきたり、勤務先にも取り立てに来る事もあり、困っている方も少なくありません。
債務整理を法律事務所に依頼すると、返済催促が停止しますから、まずは以前の平穏な日々を取り戻す事ができます。

法律事務所を正式に通して借金の整理手続きを行う場合、現在の法律に沿って過去に返済してきた借金の利息を再計算します。
多くの場合、最高裁判所での判例が確立する以前の返済分に過払い金が発生していますから、返済しすぎた分をきちんと計算し、返してもらう事ができるのです。
過払い金については、5%前後の金利を加算して返還されるケースが多いです。
返還される過払い金を借金の元金と相殺させると、借金総額が減額されます。

それに加えて、法律事務所を通して債務整理手続きを行うと、その時以降の返済分について、借金の利息を減免してもらい、元金のみを分割で返済する事が可能なのです。
この場合、毎月の返済額はかなり減額されるものの、基本的には返済を継続するという選択となります。
返済額を無理のない金額とし、毎月返済を続ける事により、借金をしっかり返すという本来のあるべき形を維持でき、自尊心を保つ事ができるのは自分にとって利点です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ