故人の借金も過払い金請求が可能

父親が亡くなって財産を相続できると思いきや、借金ばかりが残っていたなんてケースは少なくありません。
この場合、他に財産がなければ相続放棄をすることで、相続人は故人に代わって返済する義務を免れることができます。
ですが、ちょっと待ったです。
相続放棄は死亡を知った翌日から3ヵ月以内にしなければならないので、あまり時間の余裕はないのですが、故人がどこで借りていたのかリサーチしてみてはいかがでしょうか。
というのは、仮に利息制限法を超える高金利で借りていた場合、既に返済が終わっている部分も含めて過払い金請求の対象となり、相続した人が故人に代わって請求ができるからです。

故人の部屋や書斎、引き出しなどを整理していると借り入れ契約書や明細、ローンカードが出てきたり、銀行の通帳で返済のための引き落としを確認することができます。
過去に高金利を提供していた貸金業者等の名称が出てきたら、債務整理が得意な専門家に資料を持って相談に行きましょう。

もし、過払い金請求ができればお金が返ってきて、借金の返済義務がなくなるどころか、プラスの財産がもたらされる場合もあります。
そうなれば、相続放棄などする必要もなくなり、残された不動産などの財産があった場合に失わずに済むことになります。
ご自身に借金がないと関係ない話と思いがちな過払い金請求や債務整理ですが、借金を抱えた家族や故人がいる場合には、専門家に相談したり問い合わせてみるといいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ