多重ローンと転職による窮地を解決

ローンが積み重なった

私は年収300万円ほどの会社で働いていましたが、通勤のために買った車のローンのほか、カードローンの支払いが嵩んでいました。
親が脳梗塞で倒れて、医療費がかさんだほか、介護費用や家のバリアフリー化のためのリフォーム費用など、利息を含めると総額で200万円を超えていました。

転職で失敗

ローンの返済に窮するようになり、収入アップを図ろうと転職を決意しました。
そこは保険の営業職で頑張れば600万円、800万円も夢ではないとされていたのです。
ですが、その選択が失敗でした。
最低限の基本補償があるものの、基本は成績に応じての支払だったため、これまで25万円ほどの月収だったのが、その月により14万円なんて事態も起こりました。
転職して少し収入が減少し、ほどなく返済が困難となってしまったのです。

司法書士に債務整理を相談

母の友人の勧めで、司法書士に債務整理の相談をすることになりました。
債務整理についての知識は全くなかったので、とても不安でしたが、その不安をとりのぞくように分かりやすく、丁寧に説明をしてくれました。
私の現在の借入状況などを確認した結果、任意整理をしようということになったのです。
究極の手段は自己破産だそうですが、その場合、手続き中の半年ほど保険の仕事ができなくなるとのこと。
任意整理であれば、職業制限もなく、職場に債務整理の事実が知られる心配もないとのことで安心です。

債権者からの取り立てがストップ

返済が滞って以来、毎日のように昼間は携帯電話に、夜は自宅の固定電話に督促の電話が入っていたのですが、任意整理の手続きを開始すると、ピタッとやみました。
そのうえで、司法書士がローン会社ごとに個別に交渉をしてくれ、おかげで、全ての債権者が利息ゼロに応じてくれたのです。
金利負担がなくなるだけで、返済すべき額が大きく減少したので驚きました。
自分の中では借りている元本のみで考えがちでしたが、利息がどんなに重たいものか思い知りました。
そのうえで、一番大きなマイカーローンのみ5年、それ以外は3年の分割払いで決着し、無理のない返済ができそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ